読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めきょさんの過去の産物

3年半近く、計2ヶ所のブログに書いていた記事をアーカイブするために作りました。

【九州たっぷりコース】鹿児島編(前編)【第三回】

行ってみた 旅行記 九州たっぷりコース

さて、今回も

前々回あたりからお届けしている「九州たっぷりコース」でございます!

いよいよ九州たっぷりコースの前半戦のヤマ場、鹿児島へと向かう日がやってまいりました!
今回は移動した距離が距離(後述)なだけに移動がメイン。
画像もそこまでありませんが、割と出来事が多い日でもありました!
ほんの少しでも、その現場?をお伝えできたらなーと思います!

シリーズものなので

各記事へのリンクとタイトルをご用意させていただきました!
もう一度見たい、こんなもん読みたくないときなどのときにご使用ください!

【登場人物】

母(以下:オカン)
戦国☆若本(以下:若本)
めきょ

それでは・・・スタートです!

 

熊本→鹿児島

熊本城を無事落とした(?)後は、車に乗り込み一路、鹿児島県指宿市へと向かいました! f:id:mekyonama:20160902085258j:plain 今回の移動は226キロ
北海道以来だなぁ、この長距離感…!

やたらくねっている(Googleマップの)ルートからも分かるかと思いますが、前日の平野な道を走る112キロとは違い、距離はその倍。
おまけで結構な山道を登り降りすることになり、2時間ちょっとで行けると踏んでいた時間が3時間近くかかりました。
鹿児島市内に入った時点での時計の針は13時過ぎ。指宿まではまだ1時間ぐらいかかる距離です。

「普通に指宿を観光すればよくね?砂むし風呂に入ったら良くね?」と思われるかも知れませんが、この日はやむにやまれぬ事情があり、18時30分までに鹿児島市内にいる必要があったのです。
そこで、「有料道路ってことは信号が無いだろうし、もっと早まるんじゃね?」と思い、鹿児島県内の谷山ICから一般道に入ることを避け、「指宿有料道路」通称・指宿スカイラインへと入りました。
これが地獄の幕開けとは知らぬまま…

指宿スカイラインを経由して指宿へ

指宿有料道路へ突入するといきなり鬱蒼とした森。そして森の中にポツンとある料金所。
一見すると山道とかを縦貫する有料道路なので普通に運転するだけなのですが、「この道路に入ったこと」をすこぶる後悔した理由の筆頭は・・・

f:id:mekyonama:20160902085301j:plain この霧。
1台前のテールランプが見えるか微妙なほどの霧。いわゆる濃霧ですね。
普段であれば湿度は高くなく信号はないため快走、気分は爽快!それでいて見晴らしのいい景色が見れるそうなのですが、この日は僕の雨男っぷりが猛威を振るい、九州全体が雨天が曇天。高い湿度ってことはこういう霧になるよね。仕方ないね♂

おまけで、今回使用した「指宿スカイライン」は県道に降りるためのインターチェンジはいくつかあるのですが、トイレや飲み物の自販機を設置しているパーキングエリアやガソリンスタンドや食堂のサービスがあるサービスエリアの類が一切ありません。
すごい!流石「最近まで300キロ近く高速道路上にガソリンスタンドのサービスエリアを置かなかった」高速道路を平気?で放置してた地方だけありますね!まぁこれは最も別の県の道路のことではあるけど!

ってことで、運転していた僕のダム(≒膀胱)が本気の限界を迎えつつ、どうにかこうにか指宿市内に入りました!

指宿市内を少しだけ観光

f:id:mekyonama:20160902085307j:plain 指宿市内はあちこちにヤシの木が立ち並び、車の窓を開けると温かい空気・風と潮風が吹き込んできます!

f:id:mekyonama:20160902085305j:plain これや、これを待ってたんや…!
(当時)まだ南国に行ったことのない僕としてはヤシの実を見るだけでヘヴン状態!
しかーし!指宿に行った目的はこのヤシの実だけではございません!砂むし風呂という観光名所に行くためです!

砂蒸し風呂?

砂蒸し風呂は、他の「お湯に浸かるタイプ」の風呂とは1000%異なる性質のお風呂でございます!
ざっくり言うと「あったかーい砂に埋れる」風呂。温泉であればほぼ確実にあるサウナみたいな感じのイメージを持っていただければ良いのかな…?

ちなみに、某俳優が入ったときの様子がこちら。 うん、サウナってよりかは生き埋めに近いですね。

僕は「水曜どうでしょう」の企画の中でも群を抜いてサイコロの旅シリーズがとても好きで、DVDで見るたびに楽しそうやな…!いつかこういう目に遭いたいなぁ…!と思っておりました!
今回やっとこさ夢が叶いそうやで…!

問題発生

で、早速生き埋め?になることで夢を完結させようとしたのですが、この砂楽という施設は指宿温泉を代表する温泉施設ということもあり、普段から他の温泉施設に比べて混雑率が高いのです。

ちなみに、行った日(2015/5/4)は駐車場に入るまでに90分。運良く短縮できたとしても埋もれるまで2時間(120分)。
しかも、ただ2時間待つだけで入れるというわけではなく、入ってから蒸し終わるまでの1時間30分(90分)を加えた5時間(300分)指宿に留まらなければならないという現実といよいよ向き合う時がやってきました。

指宿到着時点で14時過ぎ。
指宿に着くことを優先するあまり昼飯を食べておらず、昼食の時間+蒸し風呂での時間を加えると6時間後、20時に指宿出発。21時過ぎに鹿児島到着とか、どう考えても飯を食う時間じゃないんですよね…
嗚呼、黒毛和牛が僕らを呼んでいるってのに…!

砂楽か、黒毛和牛か…











ドライブ中5分ほど話し合い、作戦変更を閣議?決定。

作戦の最初は、砂楽から車で5分程度のスーパー銭湯へ行き、昼飯がてら1時間程入浴。
がっかり感と一緒にツープラトンを仕掛けてきた運転疲れのアタックによりヘドロ状態になった僕に代わったリリーフエース・オカンの運転で砂楽へ向かい、

f:id:mekyonama:20160902085304j:plain 砂に埋まろうとしている人たちを撮って

f:id:mekyonama:20160902085303j:plain砂に埋まっている人を遠目に見て(撮って)

f:id:mekyonama:20160902085300j:plain 行きに来た道とは違う国道を走りやっぱり渋滞に巻き込まれた末の1時間30分後。

f:id:mekyonama:20160902085308j:plain 18時過ぎに鹿児島市内のホテルへ到着しました!

というわけで

1日目の前半はこんな感じで終了!
山道や霧や大混雑・大渋滞など、ある程度予想は出来たけど、その予想の範疇を超えた部分がかなりあり、流石に精神的にやられました…!
とは言え、今回の目的だった部分は半分達成できたのでまぁ良し…やな…!

熊本編でもちょろっと書いたけど、誰か僕に温泉記事を書かせてください。そして休みをください。
指宿で蒸されるんや…!「ワシは温泉卵か」ってぐらい蒸されるんや…!

とまぁこんな感じで夜の部も続けて書いていきたいのですが、ここまででかなりのボリュームになってしまったため、後編にてお届けしたいと思います!

シリーズものなので

各記事へのリンクとタイトルをご用意させていただきました!
もう一度見たい、こんなもん読みたくないときなどのときにご使用ください!